交換したくもりガラスの維持方法~台風などの暴風から守る~

メリットが豊富にある!知られざるくもりガラスの魅力

もしもの時に備えて対策をする~ガラス交換の手間を省くために~

窓ガラスは災害などによって割れてしまうことがありますが、普段から対策をすることで事故や怪我を防ぐことができます。窓ガラス破損に有効な対策とはどのようなものでしょうか。

くもりガラスを割らないために

危険なものを周辺に置かない
ベランダにある植木鉢などは、台風などの強風によって倒れ、窓ガラスを割ってしまうことがあります。洗濯物を干す際に使う物干し竿も、強風によって窓にぶつかり、ガラスを割ってしまうことがあるため、台風が近づいている時にはこれらのものを家の中にしまうようにしましょう。
防護ネットを張る
窓の前方の防護ネットを設置するのも効果的です。ネットが風で飛ばされたものからガラスを守ってくれます。ネットであればどこでも安く購入ができるほか、設置も簡単にできるので、家庭でも利用がしやすい対策といえます。
飛散防止フィルムを使用する
ガラスが割れることを防ぐためには、ガラスの周囲への対策だけでなく、ガラス自体を強化することも重要です。飛散防止フィルムを窓ガラスに貼り付けることで、風の力でガラスが割れることを防げます。また、フィルムをつけることで万が一ガラスが割れたとしても、危険なガラスの破片が飛散しないので、住んでいる人の安全を守るという目的でも利用ができます。

高い費用を支払って交換したガラスでも、台風などの災害であっけなく割れてしまうことがあります。交換したガラスを長く使用したい場合は、このような災害への対策が不可欠なのです。

ガラスフィルムを利用するなら

ガラス屋さんの中には、窓ガラスの防犯性を高めるガラスフィルムを販売しているところもあります。このガラスフィルムには、ガラスの衝撃を和らげる効果があります。窓に貼り付けるだけで、ガラスが割られにくくなるので、空き巣などが侵入してくることを防げるのです。綺麗に貼り付けるには高い技術が必要なので、無理に自力で行なわず、専門の業者に任せるとよいでしょう。

TOPボタン